薪ストーブ PICK UP

HOME > 薪ストーブ PICK UP > 薪ストーブ料理の達人への道(手羽先)
2011.11.26

薪ストーブ料理の達人への道(手羽先)


薪ストーブ料理の達人への道(手羽先)


ドブレ700SL(Dovre700SL)x 手羽先


■手羽先

薪ストーブは、お料理も得意なんです。
もちろん、薪ストーブ料理の醍醐味っていうのは、
楽しみながら上達するっていうのが大きいのですが。。。
今回使用した、ベルギー製の薪ストーブ・ドブレ700SLは、
中型サイズのクラスの中でも、炉内は広々としており、
また炉床もフラットな仕上げになっており、
暖房にも、もちろんお料理にも使い勝手もGOODな薪ストーブなんです。

(詳しくは、こちらの薪ストーブPICK UP記事:ドブレ700SL / DOVRE 700SLをご覧ください)

今回は、このドブレ700SLで、

私達の地元、名古屋といえば、

やっぱり

『手羽先』 ・・・

だがや~!

ドブレ700SLは、よくあるスタンダードな形の薪ストーブでもありますしね。
メトス 名古屋ショールームでは、今シーズンはこの薪ストーブが大活躍。
薪ストーブ初心者ユーザーや薪ストーブ料理の入門編として、
チャレンジしたり、たくさん遊んでもらうキッカケになってもらえればと思います。

■ドブレ700SL本体

 
 ↑今回の、モデル ドブレ700SLです。
 

■はじめに、

 どんな薪ストーブでも同じことが言えますが、薪ストーブ料理をする場合の準備として炉を育て、
 炉内に熾き火をつくり、炉内の温度管理をすることがとても重要なのです。

 ですから、ガンガンに炎がたっている状態では、せっかくのお料理が、真っ黒コゲに
 なってしまいますし、薪を新しく継ぎ足すタイミングには、注意と我慢が必要となります。

 そう、焦りは禁物なんです。

 薪ストーブ料理をするときは、その時の、炉内の薪の状態や状況や温度、
 そして、薪ストーブへのエア(空気量)の調節などにより判断し、準備するのです。

 薪ストーブのご機嫌を伺いましょう(*^-^*)。

 ドブレ700SLの熾き火。

 

 うーん。やっぱり、いい感じで熾き火が育っています。
 今日も、ドブレ700SL君ご機嫌な感じ。
 この熾き火を眺めているだけでも素敵な気分♪

 

 時折、火かき棒で炉内の熾き火をゴソゴソと、慣らしてくださいね。
 まだまだ、赤い星がいっぱい。火力はどうかな~。

 

 それから、ゴトク(五徳 G109)を、ドブレ700SLの炉内へ投入します。


 
 熱いので、グローブ(皮手袋)(MGL)をしてください。

MGL \8,925

 分厚い皮手袋なので、炉内での簡単な作業にも安心感あります。

 手首まで保護できるのが良いですね。


 W250 x D250 x H100(mm)。
 大きさ的にも、ドブレ700SLの炉内に、余裕に入ります。
 ほら、ゆったりと。
 
 

 炉内の高温にも、耐えられるよう頑丈なデザインになっています。

 納まりも良いね!!

 たまに、手軽なので、100円ショップとかもよく使用していましたが、

 ↓こんなの
 

 やはり薪ストーブの炉内で使用するには、安定感や丈夫さが違いますし、
 見た目もデザインもやっぱり、絵になります(*^-^*)。


■材料&レシピ(2人分) 

 
  
□手羽先       5本

□調味料   
  ・ニンニク    1片分
  ・ゴマ油     大さじ1
  ・レモン     適量
  ・塩・こしょう  適量

□手羽先にあらかじめ、塩・コショウをふって下味をつけておく。
 ビニール袋に手羽先・ゴマ油・ニンニクをいれて、良くもむ。
 15分くらいおいておく。

 じっくり、ドブレ700SLの炉内の熾き火を育てたら、いざ、手羽先の投入です。
 炉内の薪や炎の状態をみながら、
 そして、じっくりと経験とセンスで、タイミングと温度を判断し、
 いざ、投入しましょう。。。。。。(∥ ̄■ ̄∥)

 

 そうは言っても、良く分からないし、やっぱり不安な人は。。。。。

 これがあると便利です。

 薪ストーブ用 メトスオリジナル オーブン内サーモメーター(OV-350)。

 優れものです。

                           
 やっぱり、失敗したら嫌なので、最近はこれを、無難に使用しています。

 炉内の温度を一定にキープします。

 正面扉をしめます。
 こうすれば、
 炉内がオーブン室になるのです。

 なるほどね。

 こんな使い方が薪ストーブの魅力のひとつですね。

 

 じっくり、薪ストーブを利用したオーブン室で手羽先が焼けるのを待ちます。

 
  
 炉内には、温度のバラツキがあるので、時折りオーブントレーを素早く取り出し
 トレーの向きを変えたり、手羽先をトングでひっくり返したりすると良いですヨ。
 扉を開けたままにしておくと、炉内の温度が冷めてしまうので、
 スピーディーにね。
 
 約20分~経過。。。そろそろかな。

 

 炉内の、薪ストーブの空気量の調整は都度して温度を管理します。
 熾き火のパワーってすごい。
 そろそろ焼けてきたかな?
 薪ストーブの炉内からは、
 ジュージュー手羽先の焼けた、おいしそうな香りや音が聞こえます。

 

 いい感じになってきましたね。

 

 焼きあがったらこうして、トングで取り出します。

 

 お肉系の料理とかは、お部屋でやると、ニオイや油汚れが大変ですけど、
 この程度であれば、お肉系のお料理でも問題なし。
 薪ストーブでやれば、もっと最高。
 ビールのおつまみに挑戦してみるのも楽しいね。

  


 おいしい香りがふわ~っと部屋中に広がります。


    おいしそう。

 

   いただきま~す。

 

 炉内のゴトクは、熱いので、お料理が終わったら、
 取り出しておきましょう。
 こんな風に、専用のツールを使い、引っ掛けて取り出して冷ましておきます。
 かなり高温になっているので、注意してくださいね。

 

■感想

薪ストーブ料理は、どんなお料理でも、このように炉内をうまく活用すれば
、オーブン料理もできるし、間違いなく楽しさ倍増です。
冬の楽しみのひとつでもありますね。
また、ドブレ700SLは手ごろなサイズで、暖房としてもお料理するにも優れものです。
GOOD JOBです。


ドブレ700SL(ベルギー)/ 輸入元 株式会社メトス