METOS

サイトマップENGLISH

ホーム > Features > はじめての人のためのサウナのガイド > まずはサウナに入ってみよう!

はじめてのひとのためのサウナガイド

まずはサウナに入ってみよう!

 ドアを開けてサウナ室に入ると、乾いた熱気に包まれます。ベンチの中段から上段に静かに座ってください。(注3)温度は80℃〜90℃くらいです。(注4)他にお客様が居ない時は、ベンチにごろりと横になるのが、一番楽な入浴姿勢です。個人差はありますが、5分くらい経ちますと、身体中の汗腺から玉のような汗が噴き出してきて、発汗が盛んになってきます。

 皮膚が熱気にさらされると、体表面の温度上昇を抑えようと、循環器系統の働きが活発になり、血液の流れが増加します。体表面の血液は皮膚に加えられた熱を体内深層部に伝え、体温は徐々に上昇しますが、この血液による熱伝導の為に、過度に熱せられるのを防ぎます。循環器系統への熱の付加(負荷?)が強まるにつれて、心臓の血液供給の働きは活発となり、心拍が早くなり、平常の室内温度で安静な状態にあるときと比べると、心拍数は2倍にもなります。しかし、サウナ浴による心臓への負担は、平地をゆっくり歩くのに要するのと、ほぼ同じと言われています。浴槽に首までどっぷりつかる入浴法の方が、身体中に水圧がかかる為、心臓への負担は大きいと言われています。

 血液の流れだけでは皮膚表面の温度上昇を抑えきれない為、発汗が始まり、その蒸発熱で体表面を冷却するようになります。北方系の人と南方系の人では違いがあるようですが、人間の汗腺は200万〜400万個あるそうです。現代人では日常、その汗腺の半分も働いていないそうですが、サウナ浴によって、その全てが活性化され働き始めるようです。また、サウナでの発汗と共に、体内に蓄積された乳酸、重金属、等の老廃物が排出される(注5)ことも証明されています。

 10分〜15分経ちますと、身体中からかなりの汗が流れ落ちてきますが、このへんで一度、サウナ室から出て下さい。ゆっくりと、ほてった身体をさましながら、心臓に遠い手足の方から徐々に水を掛けて、最後は頭。汗を十分洗い流してから水風呂に浸かります。何とも言えない爽快感が味わえるはずです。サウナと水風呂に入ることを一般的には1回と数えます。これを休憩を挟んで3回くらい繰り返すのが標準的です。

注3) ベンチは3段設けるのが基本ですが、日本の一般的営業サウナでは、建物の階高に制限があったり、デザイン優先の為なのか、2段の所が多いようです。
注4) 一昔前までは、「100℃を超える温度でなければ、サウナじゃない!」と言って、我慢大会になっていることが少なくなかったのですが、最近では80℃前後のサウナが多く見られるようになりました。
注5) 発汗によって水分が失われる他に、身体に必要なミネラル成分も同時に失われます。サウナ浴の後で、水分とミネラルの補給が必要です。(詳しくは、次回掲載の「3.サウナの正しい入り方」をご覧下さい。)

(文責:中山真喜男)

« 前へ 次へ »

著者紹介

著者:
中山真喜男
略歴:
平成18年2月株式会社メトス顧問を退任後、(社)日本サウナ・スパ協会「サウナ・スパ新聞」にサウナ・スパ管理士講師として執筆中。 サウナ探求の旅をしながら、美しいもの、旨いものを追求している著者の「サウナあれこれ・延長戦」も是非ご一読下さい。

製品情報

  • INDEX
  • 暖炉
  • 薪ストーブ
  • オーダーメイド暖炉
  • ガス暖炉
  • アクセサリー
  • トーブクッキング
  • 煙突
  • 暖炉・薪ストーブQ&A

  • INDEX
  • 家庭用サウナ
  • 業務用サウナ
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案
  • サウナQ&A

  • INDEX
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案

  • INDEX
  • “メトスが目指すこと”
  • “VOICE
  • “開発ヒストリー”
  • “個粋キャラバン”
  • “個粋”
  • “ひのき浴槽”
  • “エリーゼ・ロス”
  • “スロープエース”

World Sauna Journey 世界のサウナ旅


VOICE with 個粋ジュニア


Sauna on Valmis!


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


薪ストーブの達人ブログ


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


メトスオンラインショップ