薪ストーブ PICK UP

HOME > 薪ストーブ PICK UP > 薪ストーブ料理の達人への道 (鶏の丸焼き編)
2011.04.08

薪ストーブ料理の達人への道 (鶏の丸焼き編)

ピキャンオーブン(PECAN OVEN) x 鶏の丸焼き

■鶏の丸焼き
今回は、ピキャンオーブンで鶏を1羽 丸ごと薪ストーブで焼いてみました。

薪ストーブといっても、今回はピキャンオーブンが主役。
よくキャンプやバーベキューなどの際に、ダッチオーブンを使って、
焚き火で料理をする迫力のあるアウトドア料理のイメージがありますね。
また、クリスマスパーティーのメインディュシュとしてもお馴染み。
初めての挑戦でしたので、味付けや手順は試行錯誤ですが、
ピキャンオーブンにはオーブン室があり、
料理が得意な薪ストーブなので使い勝手は良いです。
ちなみに、メトス名古屋ショールームの横には、
焼き鳥屋サンがあるのです♪
鶏はそこから、新鮮なものを朝一で仕入れました。

材料
①鶏(とり)一羽  ・・・約2Kg (4~6人用)

②マジックソルト  ・・・適量
 タイム      ・・・適量
 オレガノ     ・・・適量
 セイジ      ・・・適量
 ローズマリー   ・・・適量
 ガーリックパウダー・・・適量
 塩        ・・・適量
 コショウ     ・・・適量

①の中抜きしたとりに②の香辛料をよく擦り込んで下味をつけておく。

おなかの中にお米や野菜を詰め込むのが定番のようですね。
(細かい味付けやレシピは勉強不足です。。)


■手順 
ここからが、メトス名古屋スタッフの本領発揮。

①ピキャンオーブンのオーブン室の温度を絶妙にチェック。

②オーブン室を約180度~200度をキープするように、
 薪のくべる量とエアの調整・熾き火をチェック。
 専用のオーブン用サーモメーターがあると便利。

③火力にもよるが、約1時間半程度かけてじっくり焼き上げます。

④時折りトレーの向きを変えてあげると良いですよ。

⑤出来上がり


■感想
という感じで、ここからはスムーズに鶏の丸焼きを焼きあげました。
オーブン室があるおかげで、火加減の調整やオーブン室内の温度管理もわりと簡単でした。
鶏を一羽まるごと焼くのは初めてだったので、
少々大雑把な料理となってしまいましたが、
ピキャンオーブンで楽しくおいしく焼き上げることができました。
何か家族のイベント事がなどあるときには盛り上がるかも。
鶏一羽分あると、相当満腹にもなる。
ビールもうまい!
あと、思ったより、肉汁がでたので、あとのトレーのお掃除が大変でした。。
何か良い方法あるのかな?(まだまだ勉強不足です。。)
次回の挑戦では、おいしいレシピも報告できるようにしたいですね。


ピキャンオーブン(オーストラリア)/輸入元 株式会社メトス