METOS

サイトマップ ENGLISH

ホーム > 製品情報 > 暖炉・薪ストーブ > 暖炉とか薪ストーブとかある部屋の良さを伝える短歌大賞/入賞作変更のお知らせ

暖炉とか薪ストーブのある部屋の良さを伝える短歌大賞

2010.06.10

入賞作変更のお知らせ

こんにちは。枡野浩一です。
皆さん、暖炉の前に集まってください。

本日は大切なお知らせがあります。

コンテストの最終選考発表のあと、
たくさんの感想をネット上で拝読しました。

入賞者自身が、
喜びを表明したものもありました。

その中のひとつに、
このような記事が。
http://blog.livedoor.jp/kibouno_asa/archives/51562535.html

要約すると、
倉岡百枝さんの入賞作は、
宮本輝著『私たちが好きだったこと』(新潮文庫)の
あるシーンに触発されて詠んだ一首だった、
とのこと。

私は正直このブログ記事、
予選通過時点で書いてくださったら良かったのに……、
と思いました。
たくさんの短歌コンテストに関わってきましたが、
毎回、必ずと言っていいほど、このようなことがあります。
なにかを参照していない作品であっても、
「先行作そっくり」
の歌がうまれてしまうことは、よくあるんです。

別の審査員による短歌コンテストの入選作の中に、
枡野浩一の代表作そっくりの歌があることが発覚し、
入選が取り消しになったことも(何度か)あります。

逆に、
枡野浩一の初期作品が、
「これは盗作なのではないか?」
と指摘され、
「盗作ではないと思う」
と弁明したこともあります。
拙著『日本ゴロン』(毎日新聞社)に
その経緯を書いていますので、
興味のある方はご参照ください。

その後、
倉岡百枝さんご本人から、
長いメールをいただきました。
《枡野さまが小説を確認され、
短歌を見て「いい」と思った感覚と
小説のそれとがあまりにそのままである、
と判断された場合は、
入選を取り消してください。》
とのお申し出が書かれていました。

そして、
宮本輝『私たちが好きだったこと』(新潮文庫)を
読んでみました。

結論を言うと、
「うーん……、微妙……」
という感じでした。

たしかに、
「小説と短歌、ほぼ同じシーンを描いている」
とも言えます。

しかし、
「盗作である!」
「入賞を取り消す!」
と非難するほどでもないか、とも思いました。

なぜなら、
予選通過の時点で指摘しているように、
岸田今日子の短編小説にも
似た雰囲気のシーンがあったのを
私はすでに知っていたからです。

具体的な作品名を失念してしまい、
原典にあたることができませんでしたが、
「暖炉」「弟」「筋肉の誇示」
といった要素が一緒だったはず。

小説二作の類似は、
偶然かもしれませんし、
意識的なものかもしれません。
ともあれ、
このような「発想の一致」は、
創作においてはどうしても避けられないことです。

とくに俳句や短歌では……。

ある俳句の会に参加したときのことです。
「柏餅」というお題で百人くらいが一斉に俳句をつくったら、
同じ発想の作品が妙に多くて苦笑したことがあります。
「二つめの柏餅は味噌餡がいい」
みたいな意味合いの俳句でした。
人間の発想って、似てしまうものなんです。
だから「共感」もうまれるんでしょう。

若い男というものは、
炎を見ると、
筋肉を誇示したくなるものなのかもしれない……、
そんなことすら考えました。

コンテスト関係者と相談した上で、
今回は、
以下のような処置をとることにしました。

父親になると決まった弟が暖炉の前で腕立てをする (倉岡百枝)

この一首の入賞は取り消します。
ただし、
「予選通過」は取り消しません。

倉岡百枝さんは複数の作品が、
予選通過していました。

今回のコンテストは最後の段階では、
「一人の作品は一首ずつしか選ばない」
という方針があったため、
最終選考のとき、
「倉岡百枝さんの複数の予選通過作品の中で、
どの歌を入賞作にするか?」
と論議しました。

その時点に立ち返り、
「倉岡百枝さんの別の作品を、
現在の入賞作と入れ替える」
というふうに考えました。

結果、
以下の一首を、
メトスF賞入賞作とします。
どうぞよろしくお願いします。

忘れられない人がいて暖炉では燃えるものばかりが燃えている (倉岡百枝)

今回のコンテストは、
すてに申し上げたように、
たいへんレベルが高かったです。

ほかのコンテストなら
入賞していてもおかしくない作品が、
予選通過止まりだったりしました。

それゆえ入賞に至らなかった方や、
そもそも予選通過が叶わなかった方は、
さまざまな思いをお持ちのことかと思います。

が、
私は自分の名にかけて、
「この短歌コンテストは
現在行われている短歌コンテストの中で
もっとも公正なもののひとつである」
と宣言したい気持ちです。

もちろん、
関係者一同で協議しているとはいえ、
一人の個性ある歌人が選ぶものですから、
作風に傾向が生じることもあるでしょう。
しかしそのかわり、
枡野浩一が良いと思う作品を取りこぼした、
というようなことは、ないと断言できます。

ふつうは、このようなコンテストでは、
審査員はすべての応募作は見ません。
予選の段階では、
スタッフが手分けして見るものです。
私はそれがどうにも「信頼できない」ので、
すべての応募作を見る、
というシステムにしてもらいました。

今回の入賞作変更は、
まあちょっと残念な出来事ではありましたが、
倉岡百枝さんの力量と誠実さを私は信じています。
経緯を鑑み、
皆さんもご理解いただければ幸いです。

作者ご本人が言わなければ、あるいは、
だれも気づかなかったかもしれない出来事です。
この世のすべての創作物を
知ることは不可能ですから……。
でも、
正直に言っていただいて良かったです。

「先行作品との類似と、剽窃」
をめぐる問題については、
昔から多くのことを考えています。
いずれまた改めて、
私のブログなどで考えを書く機会もあるでしょう。

長くなりましたが、
お知らせは以上です。
皆さんのご意見ご感想、
引き続きお待ちしております。

では。


戻る




製品情報

  • INDEX
  • 暖炉
  • 薪ストーブ
  • オーダーメイド暖炉
  • ガス暖炉
  • アクセサリー
  • トーブクッキング
  • 煙突
  • 暖炉・薪ストーブQ&A

  • INDEX
  • 家庭用サウナ
  • 業務用サウナ
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案
  • サウナQ&A

  • INDEX
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案

  • INDEX
  • 介護浴槽
  • 介護浴槽機器
  • 介護浴槽ユニットバス
  • 施工例

様々なサウナ&温浴文化を紹介 METOS SAUNA Special Website


VOICE with 個粋ジュニア


メトスオンラインショップ


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


メトス介護浴槽開発ヒストリー


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


廃番商品のネット販売品に関する注意事項


東北地方太平洋沖地震における弊社対応について