METOS

サイトマップ ENGLISH

ホーム > 製品情報 > 暖炉・薪ストーブ > 暖炉・薪ストーブ用煙突

煙突

煙突

メトスチムニは日本で設計・製作された国産煙突。美しさと精巧さを兼ね備え、さらに日本の気候変化を考えてつくられた信頼の煙突です。もちろんメトスが扱うすべての暖炉・薪ストーブと組み合わせ可能。トータルコーディネートを可能にし、理想のインテリア空間の実現に役立ちます。また種類は、開放型ストーブと組み合わせたいシングル煙突、安心の断熱材を利用した断熱二重煙突、保温性を維持しながら低価格を実現したメトスだけのエアシールド煙突の3種類。用途や使用場所、気候条件などに合わせてご提案いたします。家の外観を思い通りに演出できる煙突トップもご用意しています。メトスチムニの他に、メトスNチムニ(英国輸入)煙突も取り扱いしております。

メトスチムニ 4つの特徴
・美しい外観と高気密性
・信頼の国産煙突
・安心のスーパーウール(※断熱二重煙突のみ)
・高い施工性

イメージ

煙突は、暖炉・薪ストーブの煙を屋外に排気するための大切なパーツ。薪を燃やした煙は、二酸化炭素やタールを多く含むため室外への排気が必要なのです。また安全のためには、煙を煙突内で停滞させず、スムーズに屋外まで排気することが大切。そのためには気密性および保温性の高い煙突を選ぶことが肝心です。

妥協せず、質の高い煙突を選ぶことは、大切な我が家の安全管理にもつながります。

イメージ

煙突にはいくつかの種類があり、それぞれに特性があります。用途や使用場所、気候条件に応じて組み合わせることが大切です。尚、メトスでは断熱材の代わりに空気層をつくることで安全性を高めた二重煙突「エアシールド煙突」をご用意しています断熱二重煙突に比べてコストを抑えることが可能です。

室内 隠蔽部および屋外
シングル煙突 エアシールド煙突 断熱二重煙突
イメージ イメージ イメージ
・金属板1層のみ

・煙の熱をダイレクトに受けることで蓄熱する

・オープンタイプの薪ストーブと組み合わせると熱効率アップにつながる

・ストーブ使用時に触れるとやけどにつながるため注意
・金属板2層からなる。内と外の金属板の間に2.5cmほどの空気層がある

・煙突内の煙の熱が外に伝わりにくいため、ストーブと壁の距離の短縮が可能

・外部の寒さが煙突内に伝わりにくく、煙の温度を下げにくいため煙の停滞や管内のタール付着を防げる

・一部の温暖地域では外部での使用も可能
・金属板2層からなる。内と外の金属板の間に2.5cmほど幅があり、そこに断熱材が入る

・主に隠蔽部(壁の中)や屋外で使用するが置内で使われることもある
イメージ

暖炉・薪ストーブ以上に良し悪しが分かれるとも言われる煙突。ここでは炎の専門家であるメトスが長年の経験から培った「煙突選びのポイント」をご紹介します。

保温性

 どれを選んでも同じに思える煙突ですが、それぞれを比較すると大きな機能差が存在します。例えば「煙の温度を下げずに外へ送り出すチカラ」の違いです。

 温度の下がりやすい煙突の場合、煙に含まれるタールが煙突内側に付着、悪循環的にタールを溜め続けてしまいます(図1)。すると煙突の排気力は徐々に低下、暖炉・薪ストーブの燃焼効率を悪くするだけでなく、不完全燃焼や煙突火災などを引き起こす可能性を高めてしまうのです。
 すぐれた煙突は、煙の温度低下を防ぎ必要以上の汚れをつきにくくするチカラを持っています。
イメージ
図1:
煙突内が冷えると煤やタールが内壁に付着していきます

品質管理

 煙突は大きく「室内用」と「隠蔽部(壁の中)および屋外用」とに分かれますが、後者として使われるのが断熱二重煙突です。断熱二重煙突は金属管に断熱材を巻きつけた後、その上を金属管で覆ったもの。煙突内の煙の温度に対する外気温の影響を受けにくくするために使われます。

 ここで肝心なのが金属管の材質。湿気の多い日本では、さびにくい確かな材質でつくられた煙突が不可欠です。

 また金属接合部の隙間が少ないことも重要な要素。隙間があると、そこから入り込む水分(湿気)が断熱材を濡らしてしまい、結果、内側の金属管が冷えるためタールの付着につながります(図2)。接合部が「カチッ」と気持ちよくはまるかどうか。それも湿気の多い日本ならではのチェックポイントです。
イメージ
図2:
隙間から入った水分で断熱材が濡れることは煙突内の温度低下とタール付着につながります。

美しさ

 煙突は外観も大切です。薪ストーブ本体から伸びる煙突はインテリアの一部であり、外壁から上へと伸びる煙突も、わが家の外観の一部。シンプルながらさりげない美しさを感じさせる煙突をお選びください。

*  煙突選びの際は、以上のポイントをしっかり押さえることが大切。そして私たちがオススメする「メトスチムニ」は、上記のポイントをしっかり満たすハイクオリティな国産煙突です。
イメージ
図3:
空間イメージを損なわない、美しい煙突を。

イメージ 安全・安心のため。メトスは国産にこだわります。

 メトスチムニは国産煙突。確かな国産素材とハイレベルな職人技術から生まれる煙突は、日本だからこそ実現可能な特別なものです。そして一年に渡り多湿な日本の気候にもしっかり対応。日本の暖炉・薪ストーブライフのための煙突、それがメトスチムニです。
  • ■信頼の国産ステンレス(塗装前)
    イメージ
    メトスチムニは耐久性・耐熱性にすぐれた純国産ステンレスを使用。薪の燃焼による煙突内部の高温にも負けることなく、また煙突内のタール汚れもしっかりと防ぎます。煙突の機能性を末永く保ちつづける信頼の素材です。(写真は塗装前のため、実際は黒塗装となります)
  • ■高気密性と美しい外観
    イメージ
    煙突の機能を最大限まで高めるのは溶接技術です。メトスチムニは熟練職人の腕と機械技術によって気密性を高めています。「シームレス溶接」と呼ばれる滑らかで美しい接合面は、酸磨きのかけられた金属面と共に煙突のインテリア性を高めています。
  • ■安心のスーパーウール
    イメージ
    煙突内側を外側から包みこむ断熱材は、煙突内部の排気熱を保ちながら、煙突外側の温度上昇を防ぐ大切な役割を果たすものです。さらにメトスチムニは断熱材『スーパーウール』を使用。万が一体内に入っても害を及ばすことのない安全素材です。


煙突の種類

黒塗装煙突(黒耐熱塗装済みステンレス煙突)
イメージ 国産ステンレスの煙突に黒色の耐熱塗装を施しました。落ち着いた色、質感が高級感を演出。薪ストーブと組み合わせた際の見栄えの良さも魅力です。

※シングル煙突、断熱二重煙突の2種類をご用意。
いずれも国産ならではの精巧なつくり、耐久性の高さ、安全性が魅力です。
※※塗装は高温や高湿度にも十分耐えられる仕様ですが、長年の使用により一部で塗装はがれの発生することがあります。あらかじめご了承ください。

■雨仕舞付角トップ

風の影響を受けにくくするための防風板や?雨の侵入や結露防止の防露板、鳥の侵入を防ぐ防鳥網を標準搭載。 最も高性能なトップです。 高級感があり、建物外観とも合わせやすいのが魅力です。

イメージ
■丸トップ

シンプルな印象を与えるトップ。排気を妨げることなく、風雨の侵入を防ぎます。

イメージ

イメージ

■一般のお客様へ

 どんなにすぐれた煙突も使用し続けると内部に煤が付着します。付着した煤やタールをそのままにしておくことは煙道火災を引き起こす可能性を高めます。煙突は使用頻度に応じて必ず点検・清掃をしてください。  尚、煙突掃除は高所作業となるため危険です。安全のためにも清掃はプロにご依頼ください。詳しくは施工時の担当業者、またはメトス各営業所、メトス特約店までご連絡ください。

4月11日は「よい煙突の日」
春を迎え、暖炉・薪ストーブが役割を終えるときには必ず内部点検を!
シーズン中の汚れをしっかり取り除いておけば、 次の冬のトラブル(火災等)を未然に防ぐことができます。
安全に暖炉・薪ストーブライフを楽しむためにも、春の清掃はぜひ実施してください。
イメージ

■専門家の方へ

 メトスでは、チムニーボールやチム二ーロッドなどの煙突清掃用具もご用意しています。詳しくは暖炉アクセサリーページをご覧ください。

イメージ

暖炉・薪ストーブQ&A



ページの先頭へ

製品情報

  • INDEX
  • 暖炉
  • 薪ストーブ
  • オーダーメイド暖炉
  • ガス暖炉
  • アクセサリー
  • トーブクッキング
  • 煙突
  • 暖炉・薪ストーブQ&A

  • INDEX
  • 家庭用サウナ
  • 業務用サウナ
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案
  • サウナQ&A

  • INDEX
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案

  • INDEX
  • 介護浴槽
  • 介護浴槽機器
  • 介護浴槽ユニットバス
  • 施工例

様々なサウナ&温浴文化を紹介 METOS SAUNA Special Website


VOICE with 個粋ジュニア


メトスオンラインショップ


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


メトス介護浴槽開発ヒストリー


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


廃番商品のネット販売品に関する注意事項


東北地方太平洋沖地震における弊社対応について