METOS

サイトマップ ENGLISH

ホーム > 製品情報 > 福祉・介護浴槽 > もっと聞かせて! ユニバーサル介護浴槽「個粋」の魅力 導入後 編

聞かせて! ユニバーサル介護浴槽「個粋」の魅力  導入後 編
なぜ介護浴槽『個粋』を選んだの?
「個粋がどんな介護浴槽なのか知りたい」「使っている人の感想を聞いてみたい」「みんな、どんな理由で個粋を選んでいるの?」そんな疑問に応えるべく、私たちメトスは個粋を導入した施設を訪問。現場の率直な声をうかがいました。
今回ご協力いただくのは神奈川県座間市にある『ふれんどりぃの郷』。デイサービスから泊まりまで対応する小規模多機能ホームで、個粋がどのような理由で選ばれて使われているのでしょうか。

導入後の現場の声から見えてきた
『個粋』の魅力をご紹介します。

『個粋』のある
小規模多機能ホームを訪問!『個粋』導入を決めた
理由を教えて!導入後に感じた『個粋』の魅力って?

「個粋」について詳しく知りたい方はこちら


その1 個粋キャラバン、デイサービスセンターを訪問!

今回お邪魔した『ふれんどりぃの郷』は小規模多機能ホーム。デイサービス や泊まり、訪問など必要に応じたケアプランを作成、サービスを提供するこ とで、地域に住まう高齢の方々の在宅支援をサポートしています。

※小規模多機能ホーム:小規模多機能型居宅介護事業所。介護保険で利用できる地域 密着型サービスのひとつ


  • ここが座間「ふれんどりぃの郷」。
    一般住宅を改装して作られた場所です

  • 外のスロープ。建物と駐車場をつないでいます


  • 部屋間は完全バリアフリーになっています
    (写真は浴室と脱衣所の間)

  • 外の光で明るいリビング。
    今回はお昼時におじゃましました


  • 個粋のある浴室はとっても広々

  • 訳あって(?)お風呂とトイレは隣同士

『ふれんどりぃの郷』が大切にしているのは<家庭的であること>。スタッフは、利用者を 仲間として考え、仲間を助けるという視点で日々の介助・サポートを行なっているそうで す。

では、この小規模多機能ホーム『ふれんどりぃの郷』に個粋が選ばれたきっかけは? さっそくうかがってみましょう。

『個粋』を選んだ理由を教えて!

メトス 「個粋を知ったのは、何がきっかけでしたか?」
筒井さん 「ここ、ふれんどりぃの郷の改築を考えていた2年前、とにかく家庭的でいい介 助浴槽はないか、と探していた中で出合いました。改築するなら、とにかくお風呂には こだわる!と決めていたんです。理由はいくつかあります。ひとつは介助者への負担の 問題。利用者とその家族の選択の問題。そして利用者の不安解消の問題ですね」
メトス 「それぞれについて、くわしく聞かせてください」

  • 今回インタビューを受けてくださった
    有限会社ふれんどりぃ代表の筒井さん

  • 個粋について、ふれんどりぃが実践している
    介護について語っていただきました

■介助者の負担を減らしたい

筒井さん 筒井さん「ここの改築前、別の小規模多機能ホーム(ふれ んどりぃの家)をはじめたときに、お風呂で本当に苦労した んです。利用者さんが入りたがるなら入れてあげたい。そ の一心で入浴介助をしていたのですが、ホーム内のお風 呂が介助用ではない普通のお風呂だったんですね。なの で寝たきりの人が来たときなどはもう2人がかりでお風呂に 入れなくてはならなくて。1人が体を、1人が足を抱えて、お 風呂のふちをまたぎながらの介助でした。当然、お風呂か ら出るとなれば、利用者さんの体をぐっと持ち上げなきゃい けない。そうしているうちにスタッフがみんな腰をやられ ちゃったんです。やってやれないことはないよ、と言いなが ら取り組んでいましたが、もし解決できる問題ならなんとか したいと思っていました」
入浴介助時の負担軽減は、スタッフ を守るためにも、利用者さんの心地 よい入浴を守るためにも大切
メトス 「介助負担の問題は確かに大きいと思います」

■「お風呂に入れられない=受け入れられない」を解消したい

筒井さん 筒井さん「そもそも、お風呂に入れられないと、どんなにこ こに来たい利用者さんがいても受け入れられないという問 題があって。うちに来たい、と言ってくれる人は、要介護の レベルに関わらず『ここは家庭的で落ち着く。だから施設 みたいな大きな集団に行くのではなく、ここを選びたい』と いう人たちです。しかもその中には、自宅での入浴が難し いから、どこか外で入浴する必要がある人がいたりする。 だからこそ『ここに来たい、だけど私には入れないお風呂 だから、しょうがなく施設に行く』という方が出ることの無い ように、誰でも受け入れられるお風呂をなんとしても作りた かったんです」
とにかく家庭的なふれんどりぃ。他 にない魅力を感じて訪れてくる利 用者を受け入れるには、お風呂対 策が必須だったそう
メトス 「利用者さんや家族が安心して選べる場所にしたい、 という筒井さんの意気込みですね」

■利用者さんの不安をなくしたい

筒井さん 「あとは、最初の話につながりますが、介助浴を するときの利用者さんの不安を消したいというのも大き かったですね。私たちが入浴介助をするとき、利用者さん に『私につかまって!』と言ってスタッフにつかまってもらう ことがあります。でもそれって利用者さんにとっては怖いこ となんですよね。固定されてないものにつかまるというのは 不安になるものです。壁の手すりや、大きなテーブルなど、 固定されているものにつかまることは怖くない。でも介助者 は人間で、どうしても動いてしまいますからね。その不安は 解消したいと思っていました」
メトス 「なるほど」

■選ぶなら「機械浴のできる、家庭的なお風呂」

筒井さん 「それで実際探しはじめたのですが、そのとき考 えていたのが、よくある介護浴槽やこれまでのような介護機 器は使いたくないということだったんです」
お風呂に入れさえすればいいとは 考えたくない、と語る筒井さん
メトス 「介助浴槽の必要を感じていたのに、ですか?」
筒井さん 「はい。私は特養(特別養護老人ホーム)や病院 などに見られる、芋洗い式に洗った体をお湯に沈めるよう な介助浴が苦手なんです。お風呂に入れればいい、きれ いにすればいい、という問題じゃない気がして。私はお風 呂に入る楽しさ、気持ちよさをちゃんと感じられることを大 事にしたいから。寝かされて入るようなお風呂じゃなくて、 自宅でお風呂に入るような、家庭的なお風呂を見つけた かった。だから機械浴の要素を持ちながら、家庭的であ る、という条件で浴槽を探していました」

■決め手は「椅子タイプ&収納できるリフト」

筒井さん 「それで、いろんな施設に見に行ったんです。そ その中で、入浴者を大きなスリングで吊るしてお風呂に入 れるタイプのものを見ました。もちろん私は好きになれなく て『こんなので持ち上げられて、揺れて、不安だろうな』と 思ってしまいました。でもそこで、椅子で入れるお風呂があ ればいいのにな、と思いついたんです。それでインター ネットで探して出合ったのが『個粋』でした。見れば椅子リフ ト付きで、しかも不要時にはリフトが片付けらる。それも気 に入ったんです、誰が入っても違和感の無いお風呂がい いと考えていたから。だから本当に『これだ!』と思って。 すごく気に入ってしまって、すぐに(メトスに)電話しました」
普通の浴槽に見えて実は昇降リフト付の個粋。 まさに筒井さんが探していたものだったそう
メトス 「ありがとうございます! ちなみに導入時にコスト面 は気になられましたか?イニシャルコストやランニングコス トなど」
筒井さん 「実はあまり気にしませんでした(笑)。導入したと き、何が提供できるかの方が大事でしたね。購入後、福祉 機器展で他社の浴槽も見ましたが、私は個粋がいちばん 理想的と思いました」

その3 経営者から見た『個粋』の魅力って?

■すんなり受け入れられた椅子とリフト

メトス 「導入後、利用者さんの受け入れはどうでしたか? 慣れないリ フトを怖がったりすることはなかったでしょうか。
シャワーチェアは座面から背も たれが分離、リフトによって座っ たまま浴槽に入れる。青い部分 は腹部を固定するベルト。黒は 肘置きになるバー
筒井さん 「まったくなかったです。個粋のリフトって、すごく安定してい ますよね。私も実際に乗ってみたのですが、なめらかに動いて乗り心 地がいいです。座面が広々としていることも、ちゃんとつかまれる バーがあることもいいですね。その安定感が利用者さんの安心につ ながっているようです。そもそも椅子って、もう私たちの生活に馴染ん だものですよね。それもあって抵抗無く受け入れられているようです よ。椅子についたバーも、腕を乗せたときにしっくりきますね。ちなみ に椅子はシャワーチェアとしても使っているのですが、外で体を洗っ て、リフトをつけて入浴して、という流れはとてもスムーズにいっていま す」

■負担解消!さらに認知症の入浴にも一役

メトス 「介助量の問題はどうなりましたか?」
完全バリアフリーだから実 現できる部屋から浴槽への シャワーチェア移動
筒井さん 「断然、楽になりました。個粋を入れてから無理な入浴介助 がなくなりましたね。シャワーチェアも便利です。中には、部屋までシャ ワーチェアを持っていって、ベッドから乗り移ってお風呂へ移動、入浴 後またシャワーチェアで部屋まで戻る人もいます」
メトス ス「そういえば個粋を導入した際、全面改装で完全バリアフリー化 されていましたね。バリアフリーと個粋シャワーチェアは、かなりいい組 み合わせに思います」
筒井さん 「また重度認知症の方の入浴介助も楽になりました。認知症 の方の場合、一度お風呂に入ったものの、お風呂が終わりであるこ と・お湯から出なくてはいけないことを意識できないときがあるんで す。本人が意識していればすぐに動いてもらえるし介助もラクなので すが、そうじゃない状態で動いてもらうのは非常に大変。でも個粋なら ばリフトでゆっくりと体を上げることができるので、介助量も少ないし、 湯から離れることでお風呂の終了を意識してもらえます。その点もう れしいですね。ちなみに個粋はリフト部分収納できるので、介助なしで 入浴できる方や軽い認知症の方にも違和感なく入ってもらえます。リロ ケーション・ショックを防げるのがいいですね」

※リロケーション・ショック:
生活環境や居住環境の変化などにより認知症の悪化が見られる現 象。個粋は、家庭で使われる一般浴槽に限りなく近いデザインで、リロ ケーション・ショックを引き起こしにくくなっています。

■個粋と共に目指す「理想の入浴」

筒井さん 「いま、ふれんどりぃの家では、入浴時間をカリキュラムとし て決めず、利用者さんそれぞれが入浴したいときに入るようにしてい るんです」
中にはお孫さんと一緒に入浴を楽しむ利用者さんも(お孫さんの存在が入浴へのモチベーションをアップさせているのだそう)

隣接させたことで、トイレの失敗後にもお風呂に入れるようになっています
メトス 「えっ。時間を決めていないんですか?」
筒井さん 「はい。無理にカリキュラム化しないようにしています。入り たいときに入れるのがいちばんだと思っていて。ただお風呂嫌いの 人も多いので、そういう人にはお風呂を促すような声かけをしたりして いますね。トイレへ行った帰りにお風呂へ入るよう、誘導したりもしま すよ。利用者さんがトイレに行きそうなとき、急いでお風呂にお湯をた めて、浴室のドアを開けておいて『あ、お風呂沸いてるねえ』『今日はど この温泉かなあ』なんて言ってみたりして。そうすることで利用者さん がお風呂に関心を持って、自然に入ろうとしてくれますね」
メトス 「なるほど。お風呂とトイレが隣り合わせなのも、そういう理由からなんですね」
筒井さん 「あとは、利用者さんがお風呂に入る時間を、徐々に夜に近づけています。そもそも私たちの生活には、一日を終える夜にお風呂に入る習慣がある。それは利用者さんも同じですよね。別にこういうところだから昼間入らなきゃいけないわけじゃないし、実は認知症の人も『なんでお昼にお風呂に入るの?』って思っているかもしれない。 そう考えてお風呂を夜に戻すようにしています。実際に、夜になるといつも騒いでしまう宿泊利用者が、夜にお風呂に入れた日はおとなしく眠りにつくなど変化が見られていますね。お風呂に入ることで、泊まる、眠る、という意識付けができるようです。そんなことも見られているので、夜のスタッフを少し増やして、夜のお風呂を進めていこうと思っています」
メトス 「興味深い試みですね。個粋が、理想の入浴の後押しとなること を願っています。今日は貴重なお話をありがとうございました」

今回、現場の声として、個粋が選ばれた理由や私たちの知らない活用法など、個粋の新たな魅力をうかがえて大変勉強になりました。また個粋のことに収まらず、ふれんどりぃの介護について、熱意あるお話をうかがえました。そういった介護・福祉へ本気で取り組む場所に個粋が選ばれたことはとても光栄なことだと思っています。筒井さん、ふれんどりぃの皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

もし皆さまの施設でも、介護浴槽『個粋』に興味をもたれたり、実物を見たいということでしたら、下記のフリーダイヤルまでお気軽にご相談ください。なお、個粋キャラバン(個粋を乗せたキャラバンカー。実際に個粋のデモンストレーションをご覧いただけます)も全国を回っています。大人気のためお早めのご予約をオススメします。


かせて! ユニバーサル介護浴槽「個粋」の魅力










ページの先頭へ

製品情報

  • INDEX
  • 暖炉
  • 薪ストーブ
  • オーダーメイド暖炉
  • ガス暖炉
  • アクセサリー
  • トーブクッキング
  • 煙突
  • 暖炉・薪ストーブQ&A

  • INDEX
  • 家庭用サウナ
  • 業務用サウナ
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案
  • サウナQ&A

  • INDEX
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案

  • INDEX
  • 介護浴槽
  • 介護浴槽機器
  • 介護浴槽ユニットバス
  • 施工例

様々なサウナ&温浴文化を紹介 METOS SAUNA Special Website


VOICE with 個粋ジュニア


メトスオンラインショップ


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


メトス介護浴槽開発ヒストリー


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


廃番商品のネット販売品に関する注意事項


東北地方太平洋沖地震における弊社対応について