薪ストーブ PICK UP

HOME > 薪ストーブ PICK UP > ドブレ ヴィンテージ50でおいしいやきいも編
2013.02.23

ドブレ ヴィンテージ50でおいしいやきいも編

今日は、焼き芋を焼いてみました(o^∇^o)ノ

薪ストーブユーザーであれば、もうとっくに、定番中の定番ですね。

手軽にできるし、こうして、炎と遊んでいると、

なんだか楽しい気持ちになれるのです。

まずは、さつまいもを準備します。


さっき、スーパーで買ってきました。

特に、こうして、寒い日がつづくと、おなかもあったまりたいですしね。


実は、薪ストーブユーザーのなかでは、『焼き芋』って超奥が深くて、

ダッチオーブンを利用したり、

ストーブの天板を利用したり、

と、ウンチクや焼き方もいろいろ。。。

今回は、手軽に、メトスナゴヤの近シーズンのお勧め、ドブレ ヴィンテージ50の炉内に入れて、焼こうと思います。


こうして、新聞紙をぬらして、くるくる包みます。


そうそう。

ドブレ ヴィンテージ50。去年の8月から発売されて、今シーズンたくさんのユーザー宅で

活躍してくれています。

ほんと、ありがとうございます。(o^∇^o)ノ

それから、アルミホイルで、ぐるぐるに包んでね。


こうしたほうが、

焦げにくいし、おいしくできるのです。

蒸されるしね。


豆知識として、

さつまいもに含まれているデンプンは、ゆっくり低温で加熱する事で、アミラーゼという酵素が働いて、

デンプンをブドウ糖に変えることで、あま~いさつまいもになると言われています。

みんな知ってましたか?

若ぞ~が、エラソ~に焼き芋で語っちゃうところでした。

すみません。。。。


それから、ドブレヴィンテージ50の炉内に、ドーンといれたいと思います。

ドブレヴィンテージ50は、見た目も性能、炎も、熾火も最高ね。

やっぱり、鋳物の炉床もそうですし、炉内を大切に保護してくれいる、

バーミキューライトのおかげで、

炉内の保温性も良いってことかな。

バーミキューライトとドブレヴィンテージについてはこちらを見てね。



やっぱり、焼き芋やるともっと、愛着沸きますね。


メトスナゴヤの空豆色のヴィンテージは、僕らのお気に入り。


今日のメニューは

たっぷりとした、樫(カシ)薪の熾火デス。

とっておきの岐阜県産ね。\(^▽^)/


ゴソゴトと、炉内をならして

おいしい焼き芋のために。

顔があついのを我慢して。。。| ̄ω ̄、|


10分・・・


一応、このときは、
空気レバーを絞り気味にして、炉内の温度を高温に保つようにしています。


15分・・・

まちきれず、

一回コロッとひっくりかえしてみてから、

それから、また、10分・・・


15分・・・


そろそろかな?

まだかな?

こうして、竹(鉄)串などで、刺してみて、


スゥ~と、刺さるようなら、最高ですね。


だいたい、目安としては、

熾火の火力や、さつまいもの大きさにもよるけど、

30~50分くらいですかね。

できあがったら、ホクホクであついですが、

取り出しましょう。

こうして、

あっ!!、いつも手でやってしまうけど、

トングがあれば、便利ですね。


ほら、


ほらっ、新聞紙を破ると


もうこの時点で、お部屋は、あま~~い香り♪。

おいしい香り(゚∇^*) 。


簡単に、焼き芋のできあがり!!




中身まで、しみこんでいる感じ。

おいしそうでしょ。(o^∇^o)ノ

ヴィンテージ50 焼き芋編(おまけ)でした。

これからも、どうぞ、よろしくデス。

ほら、ほっくほく。