METOS

サイトマップENGLISH

ホーム > Features > Sauna on Valmis! > サウナ愛の高じたフィンランド人が"熱狂"する移動式サウナフェスティバルに潜入!

Sauna on Valmis! サウナ発祥の地、フィンランドの今を現地からリポート!


サウナ愛の高じたフィンランド人が"熱狂"する移動式サウナフェスティバルに潜入!

今夏の日本の猛暑といったら、まさにどこを歩いていても天然サウナだと、こちらフィンランドまで噂が届いております…。かたや2015年のフィンランドは、50年ぶりの冷夏と言われる少し残念な夏。本来一番気温が上がって気候も晴れ続きとなるはずの7月がどんよりしたお天気ばかりで、日中もほとんど長袖を着て過ごしていました。このままTシャツに袖を通すこともないまま秋そして冬を迎えることになったらどうしよう…とフィンランド人達も戦々恐々としていましたが、幸い8月に入ってようやく気温が20度台に上がる日が増えてきたので、このまま晩夏は穏やかに北欧の夏らしさを感じていられたらと誰もが祈り続けているようなムードです。

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

小さな街の郊外のキャンプサイトに全国からサウナ付き改造車が集まってくる。見物客も水着やバスローブに着替え、それぞれのサウナを実際に体験してまわる

さて今日は、去る8月1日にフィンランドのテウヴァ(Teuva)という街の郊外にあるキャンプサイトを舞台に繰り広げられた、奇妙奇天烈な国内最大の移動式サウナ・イベントの訪問レポートをお届けしたいと思います。テウヴァは、南ポホヤンマー県というフィンランド中西部のエリアに位置する、人口5000人あまりの小さな街。このエリアの景観は、いわゆる「森と湖の国」というフィンランドの典型的なイメージとは少し異なり、湖は殆どない代わりに、どこまでも先が見えてしまうようなまっ平らの大地(農地)が延々と続いています。ちなみにフィンランド人が抱いているこのエリア出身者の「県民性」といえば、寡黙でちょっとぶっきらぼうだけど、仕事熱心で腰強、そして郷土愛強し!サウナだったらとびきり熱いサウナのなかで最後までじっと耐えていそうなイメージだそうです(笑)

サウナは旅先にも「持って行く」時代!? 自慢のセルフメイド移動式サウナが大集結

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

湖の少ない平坦な土地を活用した畑や牧草地が広がる、南ポホヤンマー県ならではののどかな景色

そんなテウヴァの街でこの移動式サウナ・フェスティバル(Teuvan Sauna-ajot)が開催されるのは、今年でなんと10回め。 でもそもそも「移動式サウナ」と聞いても、果たしてどんなサウナのことかピンと来ない人も多いでしょう。 移動式サウナとは、車が牽引できるトレーラーや、車そのものに薪焚きサウナストーブとベンチと煙突を取り付けてしまった、文字通りどこにでも移動可能な「サウナ付き改造車」のこと。泊まりこみで楽しむ音楽フェスや、キャンプ、ロードトリップ、ちょっとした日帰りドライブ先でもサウナ浴だけは欠かせない…というもはや中毒的なサウナ愛に溺れるフィンランド人たちが生み出した、究極のサウナ形態と言えます。

 

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

フェスティバルの前日にはすでに各地から移動式サウナが到着し、街のメインストリートで凱旋パレードを繰り広げる

 

サウナは見て楽しむものではない。見物客は水着持参でロウリュを実体験!

このフェスティバルには、毎年全国各地から、我こそはというセルフメイド移動式サウナの制作者・所有者が自慢の愛車とともに大集結します。 そしてそれぞれに趣向を凝らしたビジュアルを見せびらかすだけでなく、なんと実際に見物客がそれぞれのサウナを体験できるように終日開放してしまうのが、イベント最大の特徴といえます! 電気のない場所で使うことを想定されているため、搭載されたストーブは薪炊きスタイルが主流。主催者が、サイト内に薪の提供スポットやロウリュ用の給水所を設けてくれています。というわけでもちろん、見物客たちも水着とバスタオルは持参必須ですよ。小さな沼の岸辺でのイベントなので、サウナ後恒例の冷水ダイブ先もご心配なく。さあ、今年はどんな移動式サウナが集まってきたのでしょうか…目と汗を奪われたユニークサウナをいくつかご紹介しましょう!

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

古いボイラーにサウナストーブと滑車をつけて、牽引可能なサウナ空間に作り変えてしまったユニークサウナ。ストーブは外付けになっているので、狭そうだけれど3人は収容可能。壁に取り付けられたポケットから焼け石に水を注ぎ、ロウリュを発生させる。空間がストーブと隔離されているので、内部の温度が上がり過ぎず、狭い空間でも快適にサウナを楽しめるのがポイント

 

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

こちらは乗用車の天井をぶち抜き、サウナ空間を取り付けてしまったタイプ。後部座席からロフトによじのぼる感じでサウナベンチにたどり着くようになっている。空間があまりに狭く気密性が高いので、水をひとかけするだけでむせそうなくらい熱くなってしまう

 

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

トゥルクの醸造場から引き取ったワイン樽をサウナ室に作り変えてあり、ストーブも自作とのこと。実はこの「樽サウナ」は今日、規格商品化もされているフィンランドの移動式サウナのひとつの主流スタイル。1950年代にとあるタール工場が空樽を利用し宣伝車として移動式サウナを作って話題を呼んだのが発祥と言われている

 

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

なんと廃盤になった本物の消防車をネットオークションで4100ユーロで買ったオーナーが、広々とした後部を改造してサウナ室を作り上げ、数年前に発表して本イベントの殿堂入りを果たしている名物サウナ。このサウナで一躍有名になった作者のペトリさんは、その後消防車つながりで地元の消防団への入団を思いつきさっそく面接へ赴いたそう。「団員にマイ消防車は必要ないからね」と笑われながらも入団が決まり、現在は消火ホースのメンテナンス業を担当しているのだとか。メディアでは「ペトリが消防車へ、消防車がペトリへと新しい命を吹き込んだ」と評されている

他にも、農機具や大型バスを改造したものから、サウナだけでなく簡易寝床もついた移動式コテージと呼べるものまで、実に多種多様。外観部分の出来栄えは、商品化してもおかしくないようなアイデアと高度な技術に支えられたサウナもあれば、やや入室をややためらってしまう文化祭の出し物レベルのサウナも見受けられますが、特筆すべきは、これらの移動式サウナの制作者のほとんどは、サウナ造りの専門家でも大工でもなく、あくまで本業が別にあるアマチュアたちばかりであるということ。ビジュアルのクオリティにはやや差がありますが、いずれも密閉空間で火を炊く上での安全性がきちんと保証され、法律的にも道路運送車両の保安基準をクリアした合法的な改造車やトレーラーなのです。

制作者たちが語るエピソードや制作秘話もまた感慨深し!!

とはいえ、とりわけ車自体をサウナに改造してしまったタイプの場合、車検時のチェックの目はあれこれ厳しいようで、例えば上で紹介した消防車の改造車の場合、もともとついていた点灯サイレンは外しなさいと注意されたそう。制作者はしょうがなくサイレンを取り除いた場所に、お風呂で浮かべるアヒルのおもちゃを取り付けてしのぐことにしたのだとか。

また、今年は事前登録では計60台の移動式サウナが集結する予定になっていましたが、当日現地に到着していたのは59台。後日のニュース報道によると、来るはずだった残りの一台は、出発前日にオーナーの親戚が利用中にボヤ騒ぎを起こし、焦ったその親戚が湖の中に牽引して沈めてしまったのだとか…!!オーナーはサウナを持たずにイベント会場には顔を出していたようですが、「あんなにいいロウリュを生み出すサウナは他になかったのに…」と、 がっくり肩を落としていたそうです…嗚呼無念。

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

見物客は、家族で遊びに来ている人たちが多く、地元の人だけでなくかなり遠方からの訪問者も見受けられた。会場では、イベントのグッズとして、オリジナルサウナハットなども売られていた

サウナの出来栄えだけでなく、制作者たちの制作秘話やエピソードに至るまで、話題に事欠かないイベントですが、ともあれそうした異例のサウナ作りを仕事の片手間で成し遂げられるのは、フィンランド人の度を越えたサウナ愛に加えて、彼らがこの国で伝統的に受け継いできた、類まれなセルフメイド精神と技術があってこそ、と言えるかもしれません。フィンランドでは、家のちょっとしたリフォームや修理、家具づくりなどは自分たちの手でやってあたりまえ。義務教育時代からかなり実践的に教わる土木技術の知識や経験をベースに、さらに自分で本を読んで勉強したりプロにアドバイスを受けながら、自宅やサマーコテージを自ら建造してしまう人だっているのです。

フィンランド サウナ 白樺 ヴィヒタ

イベントは時間とともにさらに奇妙さを増していく。 司会者の白熱の呼びかけで突如始まった、サウナの必須グッズ「ヴィヒタ(白樺の葉束)」投げ選手権!

また、フェスらしく会場では軽食屋台も並んでおり、サイトの中央にはイベントステージも設置されていて民族音楽のライブや道化師のパフォーマンスも繰り広げられています。さらに時間によってユニークなミニイベントもいろいろと用意されていて、中でも異様な盛り上がりを見せていたのが、 サウナの必須グッズ「ヴィヒタ(白樺の葉束)」投げ選手権!!ちゃんと男女や年齢枠別になっていて、より遠くまでヴィヒタを投げた人が表彰されるという、部外者は首をかしげてしまうヘンテコイベントでした…

ともあれ訪問客もまた、同室でロウリュを楽しむ人や制作者との会話を楽しみながら、ひとつひとつのサウナの出来栄えを肌で確かめてしっかり品評。夏休み中の週末イベントなのでやはり家族連れが多く、大人たちはビール片手に、子どもたちは水やジュースを持って、オリエンテーリングのように和気あいあいと千差万別のロウリュを楽しんでいる光景はなんとも平和的で、フィンランド人のサウナ愛をひしひしと感じ取れるものでした。10回記念を迎えたところで、残念ながら来年は1回「休催年」を挟むのだそう。再来年にまた、時流に乗った、いやさらに越えた新たな移動式サウナにお目にかかれるのを楽しみにしておきましょう!

■Teuvan Sauna-ajot 公式ホームページ(英語)
http://sauna-ajot.com/index.php/in-english

※今年のエントリーサウナは以下のページからすべて見ることができます!
http://sauna-ajot.com/images/Sauna-ajot%202015%20saunalista%20NETTI.pdf

 



 

Sauna on Valmis! [第1回] お風呂好き=サウナ好き、に違いない5つの理由
 
Sauna on Valmis! [第2回] 日本でもじわじわ浸透中のサウナ通単語、”ロウリュ”ってなに?
Sauna on Valmis! [第3回] サウナタイムに不可欠な「クールダウン」のひととき
 
Sauna on Valmis! [第4回] 完全ドキュメント!真冬のフィンランド最北端で初サウナを愉しむ
Sauna on Valmis! [第5回] デザイン大国ならではのサウナ必須アイテムBest5!
 
Sauna on Valmis! [第6回] サウナは究極のエステサロン!おすすめ美容アイテムを一挙紹介
Sauna on Valmis! [第7回] サウナ体験をより豊かにしてくれるフィンランドの国樹、白樺のお話
 
Sauna on Valmis! [第8回] フィンランドのビジネスシーンに根付く驚きのサウナ文化
Sauna on Valmis! [第9回] サウナ愛の高じたフィンランド人が"熱狂"する移動式サウナフェスティバルに潜入!
 
Sauna on Valmis! [第10回] スモークサウナがキング・オブ・サウナと呼ばれる理由とは?
Sauna on Valmis! [第11回] ついにフィンランドで「サウナデイ」始動。日本にも持ち込めるかは価値観の転換次第!?
 
Sauna on Valmis! [第12回] 特別編:東西文化の交易点ジョージアに息づく、知られざる入浴文化アバノ(前編)
Sauna on Valmis! [第13回] 特別編:東西文化の交易点ジョージアに息づく、知られざる入浴文化アバノ(後編)
 
Sauna on Valmis! [第14回] ヘルシンキで体験できる、サウナ文化をモチーフにしたリアル型脱出ゲーム
こばやしあやな

筆者/こばやしあやな

フィンランドのユヴァスキュラ大学大学院に在籍し、芸術教育学を学ぶかたわらで、ライター、ガイド、翻訳・通訳などをおこなうフリーランサー。All Aboutフィンランドガイドを務めるほか、文化情報誌などに取材文やエッセーを多数寄稿する。甲斐甲斐しくて情報通で、愛され上手な「大阪のおばちゃん=おかん」が人生のお手本。在京時代に日々都内の銭湯巡りに勤しんでいたフットワークと経験を生かし、現在はフィンランドサウナ、とりわけ公衆サウナ文化に関心を寄せて、比較研究に取り組んでいる。

公式ウェブサイト: Suomiのおかん こばやしあやな
公式ブログ: Suomiのおかんの湖畔会議
公式Facebookページ: Suomiのおかん こばやしあやな

* このページに使用されている写真の権利は、こばやしあやなに所属します。

ページの先頭へ

製品情報

  • INDEX
  • 暖炉
  • 薪ストーブ
  • オーダーメイド暖炉
  • ガス暖炉
  • アクセサリー
  • トーブクッキング
  • 煙突
  • 暖炉・薪ストーブQ&A

  • INDEX
  • 家庭用サウナ
  • 業務用サウナ
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案
  • サウナQ&A

  • INDEX
  • アクセサリー・備品
  • 温浴施設リニューアルのご提案

  • INDEX
  • “メトスが目指すこと”
  • “VOICE
  • “開発ヒストリー”
  • “個粋キャラバン”
  • “個粋”
  • “ひのき浴槽”
  • “エリーゼ・ロス”
  • “スロープエース”

World Sauna Journey 世界のサウナ旅


VOICE with 個粋ジュニア


Sauna on Valmis!


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


薪ストーブの達人ブログ


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


メトスオンラインショップ