METOS

サイトマップENGLISH

ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和22年2月 中山産業株式会社設立。資本金100万円。代表取締役富安商儀就任。
昭和24年10月 工業用ゴム製品、空気圧縮機の販売を開始。
昭和29年4月 月島工場を移設、用賀工場新設。空気圧縮機等の自主生産を開始。
昭和37年4月 第2中山ビル完成。
8月 従来の営業の主力である空気圧縮機、エアーシリンダー等空気関連部門及び製造部門を分離し、株式会社中山製作所を設立。従来の業務を(株)中山製作所に委譲し、当社はあらたに輸入商事業務を始める。
昭和38年1月 AC100V供給米国のウエスティングハウス社の冷暖房機、製氷機の販売を開始。ドイツ・フリッツ・ホヴァルト社のレーベ鋏他園芸用品の発売を目的として、日本レーベ株式会社を設立。
昭和39年9月 日本レーベ株式会社と合併し、新資本金1,175万円となる。
昭和41年3月 フィンランド・メトスサウナ(インストルメンタリアム社)を導入し、サウナブームの先鞭となる。
昭和44年10月 札幌営業所を開設。
昭和45年7月 大阪営業所を開設。
昭和46年2月 ドイツ、フランス、ルクセンブルグ等各国に11の工場をもつ世界的な陶磁器メーカー、ヴィレロイ&ボッホ社のタイル輸入販売を開始。
昭和47年5月 資本金2,500万円となる。
昭和48年11月 代表取締役富安商儀死去により、代表取締役に富安妙子、及び長田武就任。
昭和49年1月 ベルファイアー社(オランダ)の暖炉の輸入販売を開始。
昭和51年3月 米国ステライト社の濾過機の輸入を開始。
昭和54年8月 スウェーデン・コンツーラ社、ベルギー・ドブレ社の暖炉の輸入販売を開始。
昭和55年8月 月島に第3中山ビル建設。
昭和56年1月 超音波発生装置付バスタブ“メトス・インパルス”を開発し、販売開始。
昭和57年3月 デンマーク・スキャン社製暖炉の輸入販売を開始。
5月 資本金5,000万円となる。
昭和59年1月 フランスのルネ・ブリザーク社の暖炉の輸入販売を開始。
2月 フランスのグランドフォーム社の気泡浴槽の輸入販売を開始。
昭和60年12月 名古屋営業所を開設。
オランダ・インタコア社(ユコサン)の浴槽の輸入販売を開始。
昭和61年3月 米国・ウッドカッター社(ブレイズキング)のターボ式暖炉の輸入販売を開始。
昭和62年4月 米国・スペリア社のゼロ・クリアランス暖炉の輸入販売を開始。
5月 メトスエンジニアリング(株)を設立。
昭和63年2月 ドイツ・ヘッシュ社及び米国・サーモソール社のスティームバスの輸入販売を開始。
6月 横浜営業所を開設。
平成元年5月 資本金1億円となる。
9月 ドイツ・ベルンハルトE.エンゲルハルト社のアバチ材の輸入販売を開始。
10月 米国・スペリア社のガス暖炉の輸入販売を開始。
12月 ドイツ・クラフス社のサウナの輸入販売を開始。
平成2年1月 福岡営業所を開設。
米国・デュラフレイム社より人工薪の輸入販売を開始。
平成3年5月 富士桜山荘竣工。
平成4年11月 第5中山ビル買収。
平成5年3月 米国マジェスティック社の暖炉・ストーブの輸入販売を開始。
平成7年2月 オーストラリア・ピキャン社、ウァンドウィ・ファンドリー社、ニュージーランド・ウッズマン社、マスポート社、ユンカ社の暖炉・ストーブの輸入を開始。
平成9年2月 フランス・ネオメディアム社よりアクリル製浴槽の輸入販売を開始。
3月 英国・パーカー社及びハントレー社の介護浴槽の輸入販売を開始。
4月 米国のミスタースティーム社の蒸気発生器の輸入販売を開始。
5月 ガス・サウナストーブ「ロッキー」発売を始める。
6月 仙台営業所を開設。ドイツのオルスベルグ社の暖炉・ストーブの輸入販売を開始。
平成10年11月 アイルランドのウォーターフォード社の暖炉・ストーブの輸入販売を開始。
平成12年1月 イタリアのテウコ社の浴槽及びシャワーキャビンの輸入販売を開始。
3月 フランスのフォーカス社の暖炉の輸入販売を開始。
平成13年2月 米国のアラジン社、ヒートゥングロウ社の暖炉・薪ストーブの輸入販売を開始。
4月 オーストラリアのアクアテクニックス=サファイア社の家庭用プールの輸入販売を開始。
平成14年1月 スウェーデンのアルジョ社、ドイツのメディテクニック社及びオーストラリアのケリーイクイップメント社の介護浴槽の販売を開始。
平成15年2月 代表取締役長田武が退任し、伊ヶ崎征一が代表取締役に就任。
5月 東京ドームシティ・ラクーアに、日本初のアルパインサウナ(実用新案)を納入。
7月 アスティル新橋に、日本初のウォーターセレモニー(特許出願中)を納入。
平成16年10月 ドイツ・ヘッシュ社よりシャワー&スチームキャビンの輸入を開始。
年12月 ドイツ・ハスラワー社よりボディパックトリートメント用ヘッドの納入を開始。また、SPA事業部を開設し、メトスフロートパックとして販売開始。
平成17年1月 家庭用サウナ、メトスホームサウナを全面リニューアルし、メトスプライベートサウナとして新たに販売開始。
7月 昭和飛行機工業株式会社へ保有株式を全て譲渡し、連結子会社となる。
平成18年3月 東京本社ショールーム1階をリニューアルし、新商品の介護浴槽「個粋」を展示する。
4月 中山産業株式会社から、40年間商標として使用していた「METOS」を商号とし、「株式会社メトス」に社名を変更。
6月フランス・フォンディス社の暖炉の輸入販売を開始。
平成19年7月創立60周年記念式典を開催。
12月大阪支社ショールームがリニューアルオープン。
平成20年4月メトス基幹システム「建太郎システム」本稼働。
7月 「メトスikiサウナ」を新発売。
8月 東京本社、東京支社、東京ショールームを銀座から築地に移転。
10月 (株)コロナと「ナノミストサウナ」に関する開発、販売等、業務提携の基本契約締結。
平成21年3月 仙台支社を東京支社に統廃合。
6月 「メトステントサウナ」を日本サウナ・スパ協会の年次総会(帯広市)で初披露。
平成21年10月 ガスを利用した炎のオブジェとして、「ガスオブジェユニットタイプ」を国産開発し販売を開始。
平成22年2月 ガス遠赤外線ロウリュサウナ「ロックフェイスサウナイズネス」を国産開発し販売を開始。
6月 代表取締役伊ケ崎征一が相談役に退き、神山敏が代表取締役に就任。
平成24年1月 メトスオンラインショッピングサイト開設。
4月 移動式スマートリフトバス「エリーゼ・ロス」販売開始。
4月 仙台出張所を開設。
平成25年3月 東京商工会議所中央支部永年会員<30年>を授賞。
ページの先頭へ
  • INDEX
  • 代表メッセージ
  • 経営理念と行動方針
  • 会社概要
  • 沿革
  • 事務所
  • 特約店
  • 主な納入先・取引先
  • 採用情報
  • コーポレートマークについて

World Sauna Journey 世界のサウナ旅


VOICE with 個粋ジュニア


Sauna on Valmis!


暖炉・薪ストーブコラム『炎の伝道士、かく語りき』


薪ストーブの達人ブログ


ロウリュ&アウフグース特集


出張体験会『個粋キャラバン』実施中


メトスオンラインショップ